心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

青空をより青く撮す方法 その4

このシリーズ、いよいよ最後の回です。
今回はカメラ側の設定で、半強制的に青くするというもの。

写真1は、通常の順光で撮ったものです。
これはこれで、青さも良い感じです。
d0059213_1974593.jpg

撮影日 2009/9/8 16:34 OLYMPUS E-P1

写真2はマイナスに1だけ補正したものです。
d0059213_198014.jpg

撮影日 2009/9/8 16:34 OLYMPUS E-P1 -1露出補正

少し極端ですが、マイナスに補正するだけで、こんなに違ってくるのです。

この露出補正、青空を撮るだけではなく、いろんな場合に使います。

例えば白い花をそのまま撮ると、出来上がりが灰色っぽく写ってしまいます。
この時に、プラス側に補正します。

また、黒いものはそのまま撮ると、灰色っぽく写ってしまいます。
なので、この場合はマイナスに補正します。
補正の数量などは、モニターを見ながらいろいろとやってみてください。

何故こんなことがおこるのかというと、カメラは18%グレーを基本にしています。
そのためにカメラは、白っぽいものはマイナス側に、黒いものはプラス側になるようにしてしまうのです。
そのようなカメラが(勝手に)やった設定を、人の手でまともになるようにしてやる、これが露出補正です。
(かなり乱暴ないいかたですけど)

逆光で人物が暗くなるような場合でも、この露出補正は有効です。
が、ここをやりだすとまた何回も必要になりますので、これ以上はやりません。


話を元に戻します。
「青空をより青く撮す方法」、最後はPLフィルターを使うことです。
ただし、コンパクトデジタルカメラには、使えるPLフィルターがあるかは未確認です。
サンプル写真があまりよくありませんが、一応アップしておきます。

写真3は使わずに撮った写真。
d0059213_1913454.jpg

撮影日 2009/9/11 12:45 Canon EOS 40D

写真4はPLフィルターを使った場合です。
d0059213_19132173.jpg

撮影日 2009/9/11 12:45 Canon EOS 40D PLフィルター使用

といろいろ書きましたが、あれこれとカメラを使い倒して見てください。
「夕焼けをより赤く撮る」ために、ホワイトバランスを「曇り」もしくは「日陰」、または「蛍光灯」で撮ってみるといいような、思わぬサプライズがあるかもしれません。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-09-13 19:35 | デジタルカメラ | Comments(0)