心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze

ツワブキの花

この時期の宮崎は、ツワブキの花で彩られる。
いたるところで、この花を見るのだ。

でもこどもの頃、私にとってツワブキは、花を愛でるものではなかった。
小遣い稼ぎの、重要なアイテムだった。

3月はじめ、春の兆しが見え始めた頃、野山を駆け巡ってツワブキを採った。
皮をむいて、近所の商店に持っていく。
100グラムいくらかで、店のおやじは買ってくれた。

3月の初めは高値がついたが、3月下旬になるとほとんど値がつかなかった。
それでも10円、20円と貰えると、それだけで嬉しかった。

今、もちろん食べ物としてのツワブキは好きだが、花として鑑賞するのも好きだ。
けっして派手ではないが、ひたむきな可憐さが、心に沁みてくる。
d0059213_1742557.jpg


ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by 秀緒 at 2009-11-19 18:24 x
え?
このお花の。。。何処を食べるの?
食べれるの?
ありゃァ。。。
ツワブキさんも
まさか人間さんに食べられるなんて知っていたのだろォ~かァ。
ジャクニクキョウショク。。。違うかっ!
Commented by hayenokaze at 2009-11-19 21:30
秀緒さん、違いますよ、花は食べません。
茎の方を食べるんです。
筍なんかといっしょに煮染めると、それはそれは美味いのですよ。
「春が来たあ~」って、感じますよ。
Commented by munesachi at 2009-11-20 14:13 x
私も好きです。
黄色い花も、食べるのも...
昔はこっちにはありませんでしたが、植えられて広がったんでしょう。
なんとも言えない食感が、フキとは違いますよね。

ツワブキは海岸端に自生しているものだと思っていましたが、そうですか?
こっちでは黄色の野菊が目に付きます。
やさしい黄色...一番好きな色...

Commented by hayenokaze at 2009-11-20 21:38
小さい頃、ツワブキは波の音がするところでないと育たない、そう教えられました。
海岸沿いでないと、育たないと言うことですね。

でも、近年はmunesachiさんがおっしゃるとおり、内陸部でも見かけるようになりましたね。
栽培されているせいだと思います。

一方、日南海岸でも、ツワブキの花で景観を守ろうと、ボランティアで植栽されている方々もいらっしゃいますよ。
花のないこれからの季節、ツワブキとアロエの花で日南海岸が彩られたら良いですね。
by hayenokaze | 2009-11-19 17:44 | | Comments(4)