心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

KODAK DC3800

オリンパスのカメラを使い出して、一年ちょっとたつ。
使い出したきっかけは、いわゆる「オリンパスブルー」へのあこがれから。
「オリンパスブルー」と言われる空の蒼を見て、ぜひこういう表現がしたいと思った。

だが、この「オリンパスブルー」の元は、コダック社のCCDによるもの。
なので、本家本物のコダック社のデジタルカメラはどんななんだろうと、興味がわいてオークションで探し出したのがこのカメラだ。
d0059213_16421450.jpg

DC3800のホームページによると、
「これが、21世紀のケータイデジカメ
【チイサイ】 だから、いつもケータイできる
【カンタン】 だから、すぐ撮れる
【持ちやすい】  だから、しっかり撮れる」
とある。
d0059213_16423448.jpg

確かに小さく、それでいて持ちやすいカメラだ。
おまけにシャッターを押すだけの、簡単さ。
今のコンパクトデジカメに比べると、素っ気ないというか、潔いと言うべきか。

写りは・・・これはなかなかたいしたもの。
210万画素で、これだけ写ればOKだと思う。
明暗差のあるところでも、しっかりと写してくれるし、このカメラの持つ潜在能力はなかなかのモノと見た。
d0059213_16433150.jpg

ただし、逆光にはまったく弱く、モノの見事なゴーストが発生するが、これはこれで味のあるゴーストだ。
d0059213_1644274.jpg

発売された2000年頃このカメラの存在を知っていれば、たぶんスナップ用に買っていただろうと思わせるカメラだ。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by hayenokaze | 2009-07-10 16:49 | デジタルカメラ | Comments(0)