心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:花( 204 )

日南海岸を走る楽しみの一つが、沿道に咲く花たちの姿。
四季折々の花が、心をなごませる。

夏。
いるか岬から南にくだると、黄色い花が至るところで咲いている。
d0059213_14255346.jpg

車を停め、写真に収める。

ユリの花に似ているが、名前が分からない。
なかなか艶やかな、花だ。
d0059213_1426124.jpg

帰って、ネットで調べる。
ユリ科ワスレグサ属の「ノカンゾウ」と知らされる。
漢字で書くと、「野萱草」。

生薬名が金針菜(きんしんさい)、と言うことは、薬としても使われるってこと。
知らなかった。
花の世界は、本当に奥が深い。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-08-30 14:44 | | Comments(0)
この花を見た時、「あれっ?これボンバナだよね」と思わずカミサンに聞いた。
紛れもなく、お盆に供えるボンバナである。
正式な名前は、ミソハギ。
漢字で書くと、禊萩。
d0059213_13131058.jpg

撮影日 2009/8/22 高鍋湿原にて

このミソハギ、実家のお盆にはなくてはならない花だ。
お盆の最中、朝一番に起きた人が、その日の最初の水を汲んでおく。
その水を入れた茶碗にこの花を添えて、仏壇に供えるのである。
d0059213_13132740.jpg

撮影日 2009/8/14 宮崎県串間市 実家にて

朝一番目に汲んだ水を供えるのは、しょろ様(聖霊様)の喉の渇きを潤すためと、こどもの頃祖母から聞いた。
それにこの花を入れる。
するとタダの水ではなく、みそぎを済ませた水と言うことになるのだろう。
それだけ、祖先を大事に敬っていると言うことだ。
その後、仏壇に精進料理を御膳に持って供える。
d0059213_13142566.jpg

撮影日 2009/8/14 宮崎県串間市 実家にて

今でこそ実家にこの花を育てているが、こどもの頃は父と二人で探して廻るのが、お盆の入りの13日、午前中の仕事だった。
毎年、そんなに咲いているものがあるわけでもなく、何カ所か廻って、ようやく数本見つけた。
d0059213_13145975.jpg

撮影日 2009/7/14 宮崎県串間市 実家にて

父が死んで、私が一人で探すようになると面倒くさくなった。
ある年、二、三本根っこごと引き抜いて持ち帰り、庭の片隅に植えておいた。
今はその花で事足りるので、探し回る苦労はなくなった。

が、このボンバナの正式な名前を知って、ご先祖様に申し訳なくなった。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hayenokaze | 2009-08-24 13:23 | | Comments(0)
テレビのニュースで、高鍋湿原のサギソウが見頃と知って出かけてきた。
このサギソウ、いろんな方のブログなどで写真としては見ていたけど、実物を見るのははじめて。
2~3センチの花は、その名前の通り白い鳥(サギ)が飛んでいるよう。
d0059213_16443564.jpg

花の咲いている位置が、思いの外、低い。
なので、地面に腹ばいになって撮影。
周りの人が見たら、おかしな格好だろうなあ、と思いながら、撮影にのめり込む。
d0059213_16434884.jpg

数カット収めたら、じわーっと汗が噴き出してきた。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hayenokaze | 2009-08-22 16:44 | | Comments(0)

百日紅

百日紅、サルスベリ。
100日、真っ赤に咲いているという。
実際は同じ花が100日咲き続けるわけではなく、次から次へと小さい花が咲き変わるからだという。
d0059213_18142796.jpg

この花、写真にするのが結構難しい。
どうしても植物図鑑の写真と、同じような形になってしまうのだ。

いつかは「これだっ!」という、百日紅を撮ってみたいものだ。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hayenokaze | 2009-08-20 18:16 | | Comments(2)