心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze

<   2009年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

キャラバンの到着

やっと見つけました、映画「スイングガールズ」の中で演奏されていた「キャラバンの到着」。
いろいろ探したんですが、自分のイメージでは彼らの演奏が一番合っているようです。

この曲、なぜか元気が出るんです。
年のせいかなあ・・・。



演奏しているのは、「HIBI★Chazz-K」。
4本のサックスとリズム一本というシンプルな編成ですが、なかなか聴かせます。
で、2009年のPVはこちらから。↓


どっちかというと、私的には2005年バージョンが好みかな。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-29 21:46 | 聴く | Comments(0)
またまたヒマワリが咲いているのを、発見。

道脇に、小さいヒマワリ一輪とコスモスたち。

たくさん咲いているヒマワリも良いけど、一輪だけのヒマワリもいいもんだ。
d0059213_2235447.jpg


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-26 22:38 | | Comments(0)

ペプシコーラあずき

飲んでみました、「ペプシコーラあずき」。
d0059213_2222134.jpg

あずきの味は、たしかにしました。
が。
うーーん、私には甘すぎました。

やっぱり私は、「辛党」みたいです。

で、今さらなのですが、話に聞いていた「キリン コーラショック」も飲んでみました。
d0059213_22221514.jpg

飲んだ瞬間、「コーラだ!」と、単純に感激。
ついつい一気飲みしそうになりましたが、そこは強烈なウオッカ入り。
なので、やめました。

でも、いけます。
美味しかったです。

これから寒くなっても、私の場合はビール、いや発泡酒、いやいやその他の雑穀酒。
アツアツの鍋やおでんには、やっぱり喉を刺激する飲み物が一番です。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-25 22:27 | 創る | Comments(0)
いつものように、夕方散歩にでる。
ちょっとだけいつもと違うコースを歩いて5分、目の前にヒマワリが現れた。
d0059213_1731712.jpg

「えっ、ヒマワリ?」
いくら宮崎が暖かいと言っても、もう10月下旬だ。
秋の、真っ盛りだ。
ここ数日寒くなったので、チョウなども見られなくなったというのに。
d0059213_1731263.jpg

しかもヒマワリは、一本、二本ではない。
畑の片隅とはいえ、20本以上で自分たちのエリアをちゃんと主張している。
d0059213_17313710.jpg

これは撮らねば・・・。
撮ってやらねば、咲いているヒマワリに申し訳ない。
そう念じながら、持っていたカメラを構え、シャッターを静かに押した。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-24 17:34 | | Comments(0)

幼虫

朝、ピンとひらめいた。

ひょっとしたら、先日来、写真を撮っている場所に、幼虫が発生していないか、と。

慌てて駆けつける。

いた、カバマダラの幼虫だ。
ノテっと、風船唐綿の枝にしがみついている。
d0059213_2225349.jpg

つついても、反応はない。
ひょっとして、蛹になる直前?!

無事、冬を越して欲しいなあ。
蛹をみながら、そうつぶやいていた。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-23 22:05 | チョウ | Comments(0)

スズメバチ

スズメバチ。
刺されたら、ものすごく怖い蜂である。
平然と軒下などに巣を造るさまは、人間なんて歯牙にもかけないような振る舞いである。

が、正面からみた顔は、何ともユニーク。
まるで覆面プロレスラーの、マスクのようだ。
ある種の愛嬌すらある。
d0059213_22361645.jpg

いやいや、早々に退散しよう。
彼に、スズメバチ特有のフェロモンで仲間を呼ばれたら、こっちはひとたまりもない。

にらめっこをしている場合では、ないのである。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-22 22:38 | 見る | Comments(0)

小さな秋

d0059213_20524561.jpg

この葉っぱを見つけたのは、平和台公園。
ようやく、色づいたかなって感じで、でも、けっこう存在感があった。

あれこれ切り取り方を考えて、このカット。

燃えるような紅葉のない宮崎市内、今のところは、せいぜいこれくらいだろうか。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-21 20:54 | 感じる | Comments(0)

夕暮れ

子どもの頃、夕方の別れの挨拶はは
「また明日」

三角ベースや缶蹴りを終えて、あたりが薄暮に包まれる頃に交わす言葉には、
必ず来ると信じた、未来があった。

それが、いつの頃からだろう。
「お疲れさん」に変わった。

「おつかれさん」には、過ぎ去る一日への労りはあっても、
未来はなくなったように感じる。

夕暮れ。
秋の夕暮れ。
ちょっとだけ、胸にぐっときた。
d0059213_19131986.jpg


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-20 19:14 | 想う | Comments(4)

アサギマダラ

今までアサギマダラの飛び方を、私は「ティッシュが舞い落ちるみたいな飛び方」と表現していた。
本当にハラハラと、頼りなさげに飛ぶーーそんな印象だったのだ。

一方、このアサギマダラは、長野県などから台湾まで移動するチョウでも知られている。
1000km、ひょっとしたら2000kmも飛び続けるのだ。
「どんなにそんな力があるの?」と、不思議に思ってしまうが、とても力持ちの蝶でもある。

これまでは、私の中でアサギマダラの頼りなさげな飛び方と、1000kmから2000kmも飛ぶ力強さがシンクロせず、今ひとつ納得がいかなかった。

ところが、先日撮った写真を見たら、意外に力強い羽ばたき方をしていた。
羽を、身体の前まで持ってきている。
「全身を使った羽ばたき」、と言った方がいいのだろう。
(註;ほかの蝶もこのような飛び方をするのかもしれません)
d0059213_1652165.jpg

ひょっとしたら、飛ぶと言うより花に止まるための羽ばたきかもしれません

アサギマダラは、もう一つ違った飛び方をする。
羽を水平に広げ、滑空するのだ。
まるで、トンビのような飛び方である。
d0059213_16521746.jpg

飛び方が解ったからと言って、1000kmから2000kmも飛べる力が解った事にはならないが、「アサギマダラは意外に力持ち」と解っただけで、半分くらいは納得できたような気がする。

それにしても、自然は深くて大きい。
そして、謎ばかりである。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-19 17:01 | 想う | Comments(0)

秋空

秋まっただ中の、日曜日。
まさに「天高く」の、蒼天だ。

こんな日に家の中にいるのがもったいなくて、自動車を走らせた。

車を走らせること、40分。
幹線道から、脇道に入る。

「わあっ!」
目の前に、昔懐かしい光景が現れる。
柿の木、掛け干し米、青空。

「これだっ!」
慌てて車を停め、カメラを取りだした。
d0059213_1531662.jpg


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-18 15:05 | 撮る | Comments(2)