心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:タンポポ ( 4 ) タグの人気記事

タンポポ

昨日の陽だまりの続きじゃないけど、今日はタンポポ。

綿毛が今にも飛びだちそうで、カメラを構えるのも忘れてじっと見ていた。
d0059213_21105049.jpg

陽だまりの中のタンポポ。
暖かい日差しがよく似合っていた。

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2010-01-26 21:11 | 感じる | Comments(0)

小春日和

宮崎市の気温。
昨日11日が22度。
今日12日も、結構暖かい。

芝生に咲いている、一輪のタンポポの花を見つけた。
d0059213_16325937.jpg

タンポポも、季節を間違ったのだろうか。

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-12-12 16:34 | 感じる | Comments(2)

母の日

自分にとって、母親のイメージって何の花だろうかと思う。
少なくとも、カーネーションのイメージではないことは、確かだ。

じゃあ、何の花?
って、問われると、いろいろと考えてしまう。

母には、バラのような派手さは、皆目ない。
かといって、ヒヤシンスみたいにおしとやかさばかりでもない。

自分を持って、自分らしく生きた人。
そう、例えるなら、やっぱり泥臭く、そしてけなげなタンポポかな。
それも、あちこちに暖かい命を伝える、綿毛のような人だと思う。
d0059213_21435497.jpg


かあさん、感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by hayenokaze | 2009-05-10 21:48 | 想う | Comments(6)

たんぽぽ

草刈りの仕事の合間の一休み。
セメントで固められた犬走りに、ふと目を落とす。

タンポポ。
セメントの割れ目から芽を出し、花を咲かせ、綿毛を飛ばしている。
d0059213_13344549.jpg

すごいなあ。
わずか一個の種でも、こんなふうに育ち、後の世に仲間を紡ごうとしている。

そんなことを考えていたら、若い頃みんなで歌っていた「たんぽぽ」と言う曲を思い出した。
その時期から30年以上たったけれど、ずいぶんこの歌には助けられた。
元気と勇気をもらった。


犬走りのほんのわずかな隙間の中で、必死に生きているタンポポ。
今はそっとしておくことにした。


「たんぽぽ」
作詞:カドクラ サトシ
作曲:堀越浄

1.雪の下の 故郷の夜
  冷たい風と 土の中で
  青い空を 夢に見ながら
  野原に咲いた 花だから
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう

2.高い工場の 壁の下で
  どれだけ春を 待つのでしょう
  数えた指を 優しく開き
  空き地に咲いた 花だから
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう

3.ガラスの部屋の ばらの花より
  嵐の空を 見つめつづける
  あなたの胸の 想いのように
  心に咲いた 花だから
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
  どんな花より たんぽぽの
  花をあなたに おくりましょう
[PR]
by hayenokaze | 2008-10-23 13:35 | 想う | Comments(0)