心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

秋の夕暮れ

今日で11月も終わりです。
あっという間の11月でした。

福岡、佐賀、大阪、三重、奈良・・・飛び回った11月でした。
オマケに法事があったりで、わが家に泊まったのは半分くらい?

こんなに動いたのは何年ぶりでしょうか。
そのせいかブログもほとんど更新できなくて・・・
いえいえ、これは言い訳です。m(_ _)m

元気をだそうと、散歩に久しぶりに行ってきました。
そこで出会ったのは、ヒメアカタテハとアキアカネのツーショット。
夕陽を浴びたブロック塀で、仲良く日向ぼっこをしていました。

心が重くなる出来事ばかりですが、こんな風景を見ると、フッと心がやすらぎます。

d0059213_2355146.jpg

【写真をクリックすると大きくなります】

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村
[PR]
by hayenokaze | 2011-11-30 23:07 | 感じる | Comments(0)

夕陽

ネコジャラシより、一回り大きいこの雑草。
夕陽を身にまとい、ものすごく綺麗だった。
d0059213_22321211.jpg

こんな画を見ると、もう秋なんだなあって感じる。

暦の上では、昨日が立秋。
今日は、もう秋。

でも、夕方感じた光は、ものすごく優しい。
夏から秋への、うつろいの光。

秋は、思いの外、早く来るかも。
ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2010-08-08 22:33 | 想う | Comments(0)

夕暮れ

一仕事終えて、外に出た。
すると、西の空が黄金色に輝いている。
d0059213_22315453.jpg

「これは!」
車に乗り込むなり、港へと走らせた。

西の空は、刻一刻と暗くなる。
d0059213_22323298.jpg

「ここだ」

橋のたもとにつくなり、車を停め、カメラ二台を持ち出した。

秋の夕暮れ・・・
いや、冬の夕暮れ・・・・
d0059213_22325897.jpg

かじかむ手に息を吹きかけ、無心にシャッターをきった。
[PR]
by hayenokaze | 2008-11-18 22:34 | 見る | Comments(0)

小焼け

先日の日記以来、やっぱり、夕焼け小焼けを引きずっている。
日が沈んだ後の光景なんて、何回も見ているはずなのに、イメージとしてよく浮かんでこないのだ。

そう思いつつ、買い物帰りに見た西の空に、なにやらわくわくする予感が走った。
d0059213_21515014.jpg

急いでいつものポイントに車を走らせる。
待つこと数分。
西の空が焼けだした。

カメラを構え、刻々と変わる色を感じながらシャッターを押す。
もう少し、焼けてくれと念じながら。
d0059213_215217.jpg

およそ30分。
夕焼けショーは終わった。
[PR]
by hayenokaze | 2008-10-27 21:53 | 感じる | Comments(0)

小焼け

d0059213_17443052.jpg
夕焼け小焼けで 日が暮れて
山のお寺の 鐘が鳴る・・・・・

こどもの頃歌った、童謡だ。
こどもの頃は、何の疑問もなく歌った。

が、先日ウォーキング中にこの歌を歌って、ふと疑問に思った。
夕焼けはわかるが、小焼けはどんなんだろう、と。

ネットで調べてみる。

その1。小焼けとは、日没後の西の空が、一瞬茜色にそまる現象のこと。

その2。「こ」は接頭語で、「仲良し→こよし」「粋→小粋」などと同じで少しの意味。

うーーん、どちらとも言えないなあ。
でもやっぱり1が正解のような気がする。

註) この Hatena Questionの答え は参考になりました。
[PR]
by hayenokaze | 2008-10-25 17:46 | 何? | Comments(0)

今日の夕陽

雲のあいだから、ほんの一瞬だけ。

カミに感謝です。
d0059213_23591890.jpg

[PR]
by hayenokaze | 2008-10-10 23:59 | 撮る | Comments(0)

ねこじゃらし

d0059213_16173472.jpg
この草、「ねこじゃらし」って言っていませんでした?
ずーっとずーっと遠い、こどもの頃のことですけどね。

本当の名前は「エノコログサ」。
でも、「ねこじゃらし」の方がしっとりとくる。

今頃の季節、夕陽に輝いている「ねこじゃらし」をみると、不思議な気持ちになる。
せつなくなる。

こどもの頃に見た、堤防にいっぱいあった「ねこじゃらし」。
それをかき分けながら、家路を急いだ。
遊び疲れた一日が、終わる刹那。

そんなことを思い出させる「ねこじゃらし」だ。
[PR]
by hayenokaze | 2008-10-09 16:24 | 感じる | Comments(0)