心に思うことを写真と一緒に綴っていきます


by hayenokaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

菜の花


寒い!
来週は、もっと寒くなるとか。

春が待ち遠しくて、
らしくないことをしてしまいました。
d0059213_14171658.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村
[PR]
by hayenokaze | 2016-01-15 14:19 | | Comments(0)

ジャンボ芙蓉

ジャンボ芙蓉。
花の直径は、20cm以上。
梅雨の晴れ間の青空に、ものすごく映えていた。

大きさを表現したくって、広角レンズで大接近。
レンズの先は、花びらに触れている。

こういう時の撮影は、オリンパスのデジカメE-620のフリ-アングル液晶の出番だ。
d0059213_16535150.jpg

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2010-07-10 16:55 | | Comments(0)
デジタルカメラの情報サイト「デジカメジン」が、今年も「デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2009」をやっている。
「デジタルカメラを使用しているサイト全般を対象」にして、そのウェブマスターがお気に入りのデジカメに投票するというもので、それなら私にも参加資格はあるな・・・と勝手に解釈。参加することにした。

投票したカメラは、3つ。
1位に、オリンパスのE-P1。
2位が、やはりオリンパスのE-620。
3位に、CANONのEOS7D。

「E-P1」の良さについては、スナップ写真に最適・・・これにつきる。
毎年ボランティアカメラマンとして参加している「まつり えれこっちゃみやざき」、そこでも実証済みだ。
ファインダーがないことがプラスになっている、そう思わせるカメラだ。
d0059213_1125578.jpg

撮影日 2009/8/1 E-P1 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 
1/1000秒 f2.8 ISO800

「E-620」は、どうしてこのカメラ、売れないのかなと、不思議になるくらい良くできたカメラ。
売れない・・・は言い過ぎかもしれないが、「バカ売れ」という状況ではない。
手ぶれ補正、アートフィルターをコンパクトなボディに詰め込んで、しかも値段は安い。
もう一つの私のブログ「私家版里山図鑑」の中で使っている近頃の写真は、E-620と「ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6」で撮った写真。35mm換算で600mmの超望遠格安システムの完成だ。
d0059213_1112775.jpg

撮影日 2009/10/14 E-620 ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 1/1000秒 f5.6 ISO200

「EOS 7D」は、ある意味、二桁EOSの完成形だと思う。
限りなく100%に近いファインダーの視野率、秒8コマの連射、高感度撮影の実用化・・・ライブやダンスパフォーマンスなどを撮っている私には、待ちに待っていたカメラである。

と言うことで、昨年は私にとって、本当に使えるカメラが発売になった。
「デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2009」に参加して、改めてそう思ったのである。

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2010-01-08 11:07 | その他 | Comments(0)

その後の干し柿 

たくさん作ってあった干し柿も、いつの間にか半分以下になってしまった。
先週末の冷え込みで、一気に甘くなったのか、食べられるようになったのだ。
d0059213_16533610.jpg

こうなるともうダメ。
つい物干し竿から外して、食べてしまう。

たぶんこの様子だと、シワシワの干し柿は望むべくもない。
そんなになるまでは、持たないような気がするのだ。

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-12-07 16:56 | 食する | Comments(6)

干し柿

渋柿を、たくさんもらった。

手っ取り早く、焼酎漬けにしてしまおうか・・・いろいろ考えた。
が、ダメ元で干し柿を作ることにした。

皮を剝いで、殺菌用の焼酎にちょっとだけ漬けて、軒下に吊した。
今日で4日目。
d0059213_15125479.jpg

寒かったのは、一番最初の日だけ。
後は、最高気温20度前後の日が続く。
雨は降らないけど、風も吹かない、そんな日が続いている。

これで干し柿ができるのか?
腐ってしまうのではないか?
d0059213_151394.jpg

あれこれ不安が先に立つ。
「出来たら儲け、くらいの気持ちで待とうよ」とカミさんに話したら、
「あんた、何もしなかったから、気楽だねえ」ときた。

そう、今回はすべてカミさんの仕込み。
私は、その出来上がり行程を眺めるだけの人、の予定だ。

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-11-30 15:14 | 見る | Comments(8)

キオビエダシャク

私にとっては、にくいことこの上ないキオビエダシャク。
飛んでいる姿を見るだけで、何とも言えず嫌な気持ちになる。

そのキオビエダシャクが、菊の花で必死に吸蜜。
改めてみると、やっぱり毒々しい姿をしている。
d0059213_21194062.jpg

やっぱり十一月。
いくら近寄っても、動こうとしない。

写真を撮った後、どうしようかと迷ったが、やっぱり許せなかった。

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-11-28 21:21 | 想う | Comments(2)

チョウを撮る

11月も押し迫って、いよいよチョウたちにとっても住みづらい環境になってきた。
一と月前と比べても、圧倒的にチョウの数は少なくなった。

それでも、必死に生き延びようとするチョウを見ると、きれいに撮ってやりたいと思う。
今日の散歩もそんな気持ちだった。

カバマダラを見つけて撮っていたら、その前でジッと動かないヤマトシジミを発見。
ひょっとしたら、マクロレンズで撮れるかも、と、レンズをマクロに変える。
35mmマクロだから、思い切り接近しないと思うような画は撮れない。

息を潜め、接近。
チョウと私との距離は、約10cm。

こんなに接近したのは、はじめて。
でも、撮れた写真はやっぱりいい。
チョウの息づかいが聞こえて来るみたいだ。
d0059213_21435370.jpg

次いで、その向こうのカバマダラに迫る。
これもチョウとの距離は、約10cm。
画面いっぱいにフレーミング。

シャッターを押すこと5回目で、ようやく満足のいく写真が撮れたと確信する。
ホッとした瞬間、カバマダラは、すっと飛び去ってしまった。
d0059213_21447100.jpg


ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-11-27 21:46 | チョウ | Comments(1)

きのこの家

散歩の途中で見つけたきのこ。
きのこの家にそっくり。

遠い昔、子供たちと見た、ディズニーのアニメを思い出した。
d0059213_22441754.jpg


ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログへ人気ブログランキングへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-11-26 22:45 | 想う | Comments(4)

E-620でライブを撮る

先月30日のライブ撮影で、使ったカメラは2台。
キヤノンのEOS 40DとオリンパスのE-620だ。
d0059213_2241861.jpg

EOS 40Dには18mmー250mmの高倍率ズームを付け、あらゆるシチュエーションに対応した。
一方のE-620は、屋内のライブでは初めての投入。
広角側の押さえが欲しいので、9mm-18mmの広角ズームを付けた。
ライブの最中、すべての写真をこの二台カメラで写し取った。
d0059213_2243789.jpg

気がかりだったのは、やはりE-620。
花や蝶などを撮るのには、充分使えると確信していたが、ころころと照明が変わるライブ撮影では自信がなかった。
d0059213_2245657.jpg

今回のライブ撮影は、記録という意味合いもあるので、いつものように気ままに撮って「いいやつだけ選んで下さい」というわけにはいかない。
そう言ったプレッシャーを一方に秘めた、撮影だった。
d0059213_2251818.jpg

結果は?
予想に反して、充分満足。
EOS 40Dに比べて連射速度は半分だが、ライブ特有の動きには充分だ。
かえって遅い分、露出が安定していて、問題はない。
EOS 40Dの場合、連射すると後半部分は測光不良みたいになって黒っぽい写真しかださない。
この分がないだけ、E-620のほうがカメラ任せで撮影できる。
d0059213_2263382.jpg

それとISO1600でも、充分鑑賞に堪えられる。
ライブの場合、ある程度荒れた感じの粒状感が欲しいけど、それも充分に目的にかなっている。
d0059213_227549.jpg

次回のライブ撮影は、10月の4日。
その時、出来たらアートフィルターのラフモノクロームで撮りたいけど、このモードは書き込みに時間がかかる。
なので、Raw撮りやって、後で現像かな。
d0059213_2273335.jpg

何にしても、ライブ撮影に充分耐ええるE-620。
これからが楽しみだ。

註;今日の写真は、E-620で撮影。ISO1600 絞り優先モードです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by hayenokaze | 2009-10-02 22:10 | デジタルカメラ | Comments(2)

雑草

アスファルトに覆われた地面から、すくっと伸びた草。
こんな草を見ると、ついついシャッターを押してしまう。
d0059213_17295368.jpg

頑張れ!
負けるな!

シャッターを押す指先に、思わず力が入る。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by hayenokaze | 2009-08-27 17:34 | 感じる | Comments(0)